この作品は「名探偵コナン」の映画シリーズ11作品めの映画になります。

海賊をテーマにしたストーリーになっています。

海賊の話と言えばジャンプの尾田栄一郎作の”ワンピース”ですが、今回の作品は”女海賊”をメインにしています。

そのため、珍しく欄と園子を主役に据えた作品になっています。

「名探偵コナン」の映画シリーズの中でも女性をメインに描いた作品はこの作品だけだと思います。

ある島の旅行に来ていた小五郎と欄、園子、子供達。

そこで、トレジャーハンターに来ていた人達と出会います。

子供達は観光ガイドの人からお面白い宝探しができると、その謎を渡され、謎解きに夢中になります。

ところが、欄と園子がトレジャーハンター達に人質され攫われてしまうのです。

子供達の追う謎と欄と園子が攫われたことがどう関係してくるのか、トレジャーハンター達の本当の狙いとは何なのかが注目になります。

何といっても欄と園子の助け合いと絆がラストに十分に盛り込まれているます。

コナンの格好いいシーンも満載です。

子供達の活躍の場も沢山あるので楽しました。